時給の仕事ではたらく注意点

時給の仕事ではたらく注意点

時給契約更新、その注意点

主婦のパートを主体として、日本の非正規労働者は増加の傾向をたどっています。主婦がその気になって、本気で稼ぎ出すと、税制上の優遇措置で、予想もしないしっぺ返しを受けることがあります。注意すべきは、税制上の壁と称されていますが、これには二種類があります。すなわち103万円の壁と130万円の壁の二種類です。主婦のパート契約更新で、油断ができないのが時給契約更新です。

主婦のパート契約で時給契約を更新する場合には、年間にいくら稼げるか概算をして、103万円の壁と130万円の壁と称される、両方の壁を超えないことを確認する必要があります。103万円の壁とは、年収が103万円を超えると、超えた金額に対して、所得税が課税されるということです。また130万円の壁の場合は、さらに深刻となります。主婦のパート収入が年収で130万円を超えてしまうと、夫の給与で主婦の扶養控除が対象から外されてしまいます。

ですから、最も大切なことは、時給契約更新時に、年収を計算して、その合計が決して130万円を超えないようにすることが必要です。せっかく毎日汗水流して一生懸命に働いても、夫の給与で主婦の扶養控除が対象から外されてしまうと、元も子もありません。