時給の仕事ではたらく注意点

時給の仕事ではたらく注意点

時給が下げられた場合

時給1000円とアルバイトの募集広告に記載されていれば、最低でもそれだけはもらえると誰でも考えるでしょう。しかし、面接で頑張って働いてくれれば時給は上げるが、ダメなら下げると言われることが多々あります。そして、入社して初めての給料をもらうとき、仕事ができていないと言われて下げられたと言う人は意外と多いです。しかし、多くの人は不満に思いつつもそのままにするでしょう。アルバイトだから文句は言えないと言う人もいます。確かに、あまりにも仕事ができないのなら下げられても仕方ありません。しかし、世間並に働いていれば下げられることはないです。

また、賃金と言うのは、労働契約を結ぶときにきちんと書面で明示すると言う決まりがあります。ですから、頑張れば時給を上げるが、だめなら下げると言うようなことは決して許されるものではありません。募集広告に記載されていた通りの額を請求することができます。さらに、わずか1ヶ月で賃下げをするのは早いと言えるでしょう。大体の会社は、アルバイトの試用期間を3ヶ月に設定しています。試用期間も終わっていないのに賃下げをすると言うことは、最初から募集広告に記載していた額を支払う意思がなかったと考えられます。