時給の仕事ではたらく注意点

時給の仕事ではたらく注意点

時給でお金を稼ぐこと

給料の計算方法で、アルバイトやパートで最もよく用いられているのが時給です。時給とは、1時間働いた金額があらかじめ設定されており、働いた時間の分だけ、給料日に纏めて支払われる仕組みです。そのため、給料日に支払われたお金の金額を見て、これだけ働いていたのかと改めて実感する人もいます。時給は給料の計算がしやすく、また企業側としても楽チンですし、労働者側から見ても分かりやすいというメリットがあります。また、1時間働いた分、給料が発生しますから、3時間連続で働いたとすると、3時間分の時給が貰えるということになります。例えば、時給1000円で1ヶ月あたり15日、3時間ずつ働いたとすると、45、000円稼いだ計算になります。結構簡単です。

時給はこのような仕組みになっており、求人票にもよく記載されています。アルバイトやパートには持って来いの制度でもあり、求人票に記載されている額を確認するだけで良いので、応募する時も楽チンです。一つだけ気をつけたいのは、時給の額が最低賃金を下回っていないか、ということです。あまりない事例ですが、たまに最低賃金を下回って求人票を出している企業もあるため、そこには絶対に行かないよう、注意する必要があります。